A little luxury car

ポルシェ 911カレラの燃費

2012年8月に購入したポルシェ911カレラ ティプトロニック(AT)の故障、不具合歴です。

 

2012年9月 ウインカーレバー不具合発生

購入してすぐですが、右折時にウインカーレバーを完全にカチッとなるまで上げずに、ウインカーを点灯させていたら、レバーの稼動部が壊れたのか、レバーを上げてウインカーを出しても、保持されずレバーが戻ってしまいウインカーが消えてしまいます・・・

手で押さえていればウインカーは点くので、右折時は常にウインカーレバーを押さえたまま(笑)まだ未修理です。

 

2012年10月 インターミディエイトシャフトのサービスキャンペーンの案内が届く

ポルシェジャパンから、インターミディエイトシャフトについて、サービスキャンペーンの案内が届きました。

正規ディーラー以外のお店で中古で購入したので、こちらの情報はポルシェジャパンには届いていないのですが、車両から追っかけて案内を送ってくれたみたいですね。ありがたい事ですが(笑)

案内には2001年5月4日以降2005年2月21日までに製造された2001~2005年モデルの911およびボクスターが対象とありました。

無償点検後、インターミディエイトシャフトの修理が必要とされる場合は、無償で修理も行ってくれると言うものです。

当時は5万キロ以上走行している車両なら、インターミディエイトシャフトのトラブルはほとんど無いと認識していましたが、最近(2013年5月)また調べて見ると、過走行の車にも出るようです。

10万キロも15万キロも走れば不具合が出てもしょうがないのかな?とも思いますが、事前にインターミディエイトシャフトのトラブルを防げるのなら、点検を受けようと思いました。

案内もらってから大分経ってますが大丈夫かな?(笑)

 

2013年3月 アイドリング不良→エンジンチェックランプ点灯

雨の日に乗っていたら、渋滞中にアイドリングが不安定に・・段々アイドリングのばらつき大きくなり、油圧も下がりエンジンチェックランプ点灯。

そのまま所用の駐車場に停めて、2時間後再度乗ってみると、アイドリングのバラつきも無く、至って正常?

その後、2013年5月のまた雨の日に乗ると、嫌な予感はしていましたが、やはりアイドリングが不安定に。

信号待ちではギアをニュートラルに入れて、1200回転くらいまでアクセルを煽って、信号が青になったら一旦アクセルを離しギアをDに入れて再スタート。これを繰り返してなんとかエンジンチェックランプは点灯しませんでした。

色々ググッてみたら、どうもイグニッションコイルとプラグが怪しそう・・イグニッションコイルがエキマニ?の近くにあって、熱でやられて亀裂が入るそうです。

そうすると雨の日などに失火してアイドリング不調になるとの事。雨の日以外は至って快調なのですが。

インターミディエイトシャフトのサービスキャンペーンのお知らせも来ているので、それと合わせてポルシェセンターで見てもらおうかと思います。

なのでまだ未修理です。

 

ポルシェ911を高く売るなら?

ポルシェ911は特別な車で、いくら年式が古くても普通に動く状態なら、何万キロ走っていようが値段が付く車です。

国産車の常識には当て嵌まらないので、もしポルシェ911を売るなら、ディーラーだけでなく買取店も含めて動きましょう。

911を始めとしたポルシェを高く売る秘訣は、中小の買取店や専門店です。ポルシェ専門でなくても、輸入車専門店や小売りを前提とした中小の買取店なら、ディーラーや大手買取店よりも高く買い取ってくれます。

管理人の体験談を載せているので、参考にしてみて下さい。

>>ポルシェ911カレラを売る。はたして911カレラの買取価格はいくら?

 

PAGE TOP